ろきんの予備試験日記

税理士有資格者が調子に乗って司法試験を目指すブログです。

frag. 19: 基礎マスター憲法: 思想・良心の自由

思想・良心の自由

問題 答え
19条が思想・良心の自由を明文で定めた趣旨 歴史的反省
思想・良心の自由の保障の範囲→広義説 内心ひおける見方ないし考え方一般
→限定説 世界観、人生観、思想体系、政治的意見など、個人の人格形成に必要な、もしくはこれに関連のある内面的な精神作用
限定説が保障の範囲を限定する理由(広義説への批判) 19条の高位の価値を維持するため(希薄化しかねないため)
19条から導かれる具体的な内容 ①思想の強制・思想に基づく不利益取扱いの禁止②思想についての沈黙の自由
[穴埋め]ピアノ伴奏拒否事件において最高裁は当該ピアノをして○○行為であると判断した。 音楽教師に通常期待される行為
[正誤]君が代事件(H23.5.30)は起立斉唱を求める職務命令をして、個人の思想及び良心の自由を直ちに制約するものと認めた ✖︎ 間接的な制約
麹町中学内申書事件において、最高裁は内申書の記載が上告人の 思想、信条そのものを記載したものでないことは明らかであり、記載にかかる外部的行為によっては思想、信条を了知し得るものではない、とした。
沈黙の自由のうち思想の沈黙は何条によって保障されるか 19条で絶対的に保障
沈黙の自由のうち単なる事実についての沈黙はどうか 21条で保障(公共の福祉による制約あり)