読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろきんの予備試験日記

税理士有資格者が調子に乗って司法試験を目指すブログです。

cahier 10: 税理士業界2年生のまとめ

今年もまた一年間を振り返ってみたいと思います。

※書いたあとに去年の記事を読んだら大して進歩していないことが判明。
微成長にとどまった模様。

zan.hateblo.jp

1. 仕事

業務内容は昨年とあまり変わりません。税務コンプライアンス業務(申告書作成業務)が基礎です。ただ、昨年は年齢を加味してくれたのか昇進させてもらえました。Big4では、シニアスタッフ/シニアアソシエイトと呼ぶ職階です。手を動かすことも多いし、下にスタッフ/アソシエイトが入ることもあります。

次の職階はマネージャーですが、マネージャーに上がるときはシニアに上がるときよりも断然大きな一歩です。シニアで数年以上修行することになります。言われた作業をこなすことが要求されるスタッフ/アソシエイトと違って、考える仕事が少しずつ増えていくと期待しています。色んなマネージャーのもとについて様々な業務をこなして知識や経験をたくさん吸収できる段階だと思います。なお、売上責任や営業はマネージャーからです。その点、中小で最初から営業や一人での巡回に投入されるような人々のような経験は得られません。

近頃感じる変化としては、コンサルティング業務を割り振られることが増えてきました。コンプライアンス業務で大きな価値を生み出すのはなかなか難しいですね。連結納税・国際税務(CFC、TP等々)・組織再編などが絡むと内容が複雑になって、ある程度の規模の事務所でないと取扱えないというのはありますが、基本的には間違えなければ誰にでもできてしまう領域です。それに何よりも、申告書の作成はあまり楽しくないですね。電子申告も簡便なシステムではあるものの事業所がたくさんあると面倒だし、添付書類とかも手間です。それでいて面白くない。作業感が強いです。まだまだ分からないことも多いので自分で申告書を作る経験は大事だと思うんですが、難しめの法人をあと2年くらいやったらレビュー(誰かが作った申告書のチェック)メインでいいやという気持ちです。

で、コンサルティングをたくさんやりたい。うまくいかず悩んだり、スキームがうまくいくのか不安で寝付けないこともありますが、組織再編とか考えるの楽しいです。今は相続税対策のコンサルが数件あるだけですが、経験を積んでもっと難しい仕事を割振ってもらいたいです。

働く前、税理士登録要件の2年を長いと思っていましたが、あっという間です。これから登録の手続きも進めていこうと思います。

2. 勉強

勉強時間が少なすぎです。気合いれます。遅延が甚だしいです。

会社法を前倒しにしたのは仕事面でちょこっとプラスでした。すごく細かい話ですが、コンサル案件で弁護士さんとやり取りをしていて、定款変更で株券不発行法人にしてから株式移転すれば株券回収の話が出てこないのではと提案したらそれが通りました。

勉強計画は遅れてしまっていますが、たとえば相続税対策・遺言書作成・遺産管理・相続税申告をワンストップでやるとか、法務と税務を融合させたサービスをやりたい欲求は日々強まるばかりです。